空き家を解体して処分する

重機

全国的に空き家が増えて社会問題化しています。神奈川県のように首都圏でも人気のあるエリアは、早めに処分した方がメリットがあります。空き家付きで売却すると査定額が低くなりますので、解体工事で更地にしてから売却する方が高く売れます。相見積もりで業者を決めたら、市町村に廃棄物処理の申請書を提出します。

詳しく見る

古い家の取り壊し作業で

作業員

業者に依頼した相場は

古い家を壊すには、兵庫でも専門業者による家屋解体工事が必要になります。この家屋解体ができる業者は兵庫エリアでは数多く存在しておりますが、工事費用に関しては業者によって幅があるのも事実です。そのため、ある程度の相場を知ってから、適切な費用で解体工事を行ってくれる業者に依頼されるのが良い方法となっています。兵庫における家屋解体の相場については、まずどこの業者でも坪単価によって割り出されています。その中には、解体工事費や仮設養生費、産業物処分費や事務処理費、設備撤去費などがありますが、どこまで含まれているか確認することも重要です。この項目を含んだ家屋解体の工事費相場では、木造住宅の一般的な2階建ての場合、坪単価で約29000円前後となっています。鉄骨家屋に関しては、骨組みが特殊な鋼材を取り入れた造りなので強固に造られている分、解体費用も高めの35000円前後です。鉄筋コンクリート造に至っては、頑丈な構造で造られており、強度にも優れているため解体には技術を要します。そのため、相場も多少高くなっており、約45000前後が平均的な相場です。この相場には、ブロック塀の撤去や植栽の撤去、庭石や土間コンクリートの撤去、人力による解体などが含まれていません。解体する条件などで費用も変わってきますが、何といっても業者によってすべての費用が変わってきますので、しっかり見積もりを取ってから依頼することが望ましいです。兵庫で利用できる家屋の解体業者は、格安で提供するところから実績が豊富なところ、会社の規模が大きいところなど様々です。また、業者の評判についても多くの意見がありますので、ネットでの口コミなどを参考にして良い業者を選ぶようにしましょう。

オススメ記事

重機

空き家を解体して処分する

全国的に空き家が増えて社会問題化しています。神奈川県のように首都圏でも人気のあるエリアは、早めに処分した方がメリットがあります。空き家付きで売却すると査定額が低くなりますので、解体工事で更地にしてから売却する方が高く売れます。相見積もりで業者を決めたら、市町村に廃棄物処理の申請書を提出します。

詳しく見る

作業員

事前の調査が必要

解体工事は新築工事よりも事故の発生が多いので事前の検討が重要です。同種工事の事故例を参考にして作業の計画を立案することが重要です。アスベストの使用がある場合には道路事情のよい名古屋でも大きな重機で効率的に行うことには制約が出ます。騒音や振動、ほこりの飛散という近隣の環境対策も必要です。

詳しく見る