空き家を解体して処分する

重機

委任状で業者が申請できる

最近は空き家が増えていて社会問題化しつつあります。少子化によって親が住んでいた家が空き家になってしまう事例が多いのです。空き家を処分する方法として一番いいのは不動産会社に売却することです。その時に問題になるのが空き家です。空き家付きで売却するとなると査定額が低くなります。不動産会社が転売する時に空き家の解体工事をしなければならないからです。そのような場合は売却する前に自分で解体工事をした方が安上がりです。更地にして売却した方が高い査定額がつくのです。神奈川県のように人口が多いエリアでは空き家問題が切実になります。もし将来的に空き家になる可能性が高いのなら、今の内に解体工事をして不動産会社に売却した方が高く売れます。神奈川県は首都圏でも人気の高いエリアなので、売却するタイミングが重要です。神奈川県内で解体工事をする場合は、まず業者を選ぶことから始めます。神奈川県には比較的多くの解体工事業者があるので、なるべく現場に近い業者を複数選んで現地調査をしてもらい、見積もりを出してもらいます。その中から解体費用の安い業者を選びます。見積書を見る時にオプション費用がかかるかどうかチェックします。例えば業者の中には浄化槽など地中に埋まっている障害物は別料金の場合があるからです。見積もりの時はトータルの正確な値段を知ることが重要です。解体工事業者が決まったら、神奈川県内の各市町村に解体時に出る廃棄物処理の申請書を提出します。解体業者に委任状を渡せば手続きをやってくれます。