事前の調査が必要

作業員

安全のための作業手順

住宅の解体工事は比較的短時間で完了しますので、事前の検討が不足しているケースが散見されています。しかしながら昨今の環境に配慮する世の中では注意をしなければならないことが多くなっています。名古屋で解体工事を行う場合でも場所によって使用する重機が異なるケースが出てきます。名古屋は他の地域に比べて広い道路が多いので大きな重機で作業できる地域が多くなっています。解体工事は大きな重機を使用することで効率的な作業を行うことが出来ますので、短時間で工事を完了することが可能になります。問題は建築の時期によってアスベストを使用している場合があるかということです。アスベストを含む建材が使用されている場合には、名古屋でもアスベストの飛散対策を事前に行う必要がありますので、大きな重機で一篇に解体工事をすることが難しくなります。解体工事を行う場合には工事に伴い、騒音や振動、ほこりの飛散が発生しますので、事前に対策を作業計画に反映する必要があります。名古屋でも閑静な住宅街で解体工事を行う場合には特に注意を払う必要があります。パネルやシートで周辺を覆うことが一般的となっています。風のある場合には散水をしてほこりの飛散を防ぐことが必要です。解体工事は少人数で行うため、新築工事に比べて事故の発生する頻度が多くなっています。事項の事例を事前に学習して作業に取り組むことやお互いに声を掛け合うことで事故の発生を防ぐことが可能となります。